HOME > Q&A

Q&A

生存中の父から遺言書を託されました。どのようにしたら良いでしょうか。

紛失しないよう管理し、お父様が亡くなった際に相続人全員に遺言書がある旨伝えます。
自筆証書遺言(遺言者の直筆でサイン・捺印された遺言書)の場合は、家庭裁判所へ「検認の申立て」を行い、開封されます。

遺言書が存在しているのですが、遺言書と違う遺産分割は可能ですか?

相続人全員の協議で問題なければ異なる遺産分割ができます。

遺言書で続財産を得られませんでした。取得の望みはまったく無いのでしょうか?

相続人には、遺留分が認められていますのでその範囲で遺産を取得できます。
もっとも、兄弟姉妹には遺留分は認められていません。

亡くなった父が債務を残している事が、亡くなってしばらくしてから分かりました。
債務はどうしたらよいでしょうか。

被相続人に不動産や預貯金等の財産がない場合は、自分が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所へ相続放棄の手続きをするこことによって債務を承継しないことになります。
3ヶ月を経過した後でも、被相続人に債務のみがあった場合は相続放棄の手続きができる場合があります。
「限定承認」の手続きを取る事で、被相続人に財産があって、財産と債務の比重が不明な場合、(仮に債務が多かった場合でも)その債務を承継しないことができます。

亡くなった父と一緒に自営をしていました。
私が手伝った事で、父の財産が増えたと思います。相続の際には私が父と頑張ったことは考慮されますか?

寄与分が認められる事があります。
被相続人の財産の増減について特別に寄与した相続人は、相続財産とは別に特別寄与分を取得できます。
こういった場合、問題となるのは、「特別」に寄与したかどうかです。
例を上げると、一緒に自営をしていても、給与の提供に見合うような労働をしていない場合は「特別」に寄与したとは判断されない場合があります。

父の遺産の中に不動産がりますが、不動産の相続分は取得したくありません。どうしたらいいですか?

他の相続人から相続する分の価格を支払ってもらうことが一番良いのですが、それが無理な場合は、法定相続登記を行った上で、共有分割請求をすることで自身が取得する分の価格をもらうことができます。

遺産分割協議を行っている最中には判明していなかった、財産が出てきた場合はどうなりますか?

判明した財産分について、新たに遺産分割協議を行うことになります。

父から遺言書を預っていますが、どうしたらよいですか?

保管し、亡くなった時に相続人全員に遺言書がある旨伝えます。
自筆証書遺言(遺言者が全部自書した遺言書)の場合は、家庭裁判所へ検認の手続きを行い、そこで開封されることになります。

遺言書がありますが、遺言書と異なる遺産分割はできますか?

相続人全員の協議で遺言書と異なる遺産分割協議ができます。
QRコード

右のQRコードを読み取って携帯サイトにアクセス!

対応エリアのイメージ

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834
三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら