さかぐちブログ

2013年9月24日 火曜日

相続放棄の申述の熟慮期間

ある人が借金を残して死亡 その債権者から相続財産管理人の選任申し立ての依頼がありました 取りあえず本当に相続人がいないのか、の調査が必要です そこで戸籍を取り寄せ家裁へ相続放棄申述の受理の有無の照会をします 本人は配偶者とは離婚、子あり、母健在、弟1人ありの人で子と母は申述をしておりました ところが弟は申述をしていない 本人の死亡日からは3か月経過しているが、母の申述から45日しか経っていない 民法の条文では熟慮期間の起算点は自己のために相続の開始があったことを知ったときである 弟は子、親の次の第三順位の相続人であるから本人の死亡の事実とそれによって自己が相続人になったことを覚知したとき、すなわち母の相続放棄の事実を知ったときより起算することになろうか 弟に母の相続放棄を知らせて、自身の意思を確認することが必要である

QRコード

右のQRコードを読み取って携帯サイトにアクセス!

対応エリアのイメージ

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834
三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら