さかぐちブログ

2019年11月 7日 木曜日

夫婦間の贈与

夫から妻への贈与の手続きを依頼されたことがあります。夫婦間贈与というと色々な場合が想定されます。まず、離婚による財産分与を贈与と呼称しているばあい。次に夫に負債があり、その財産隠匿としての名義変更の場合。もう一つは夫婦関係20年以上の場合の贈与税軽減措置を利用する場合。自分が依頼されたのは、離婚でも財産隠しでもなかったのですが、婚姻歴20年以上でもなかったのです。婚姻歴は浅かったけれど、再婚同士で夫に前妻との間に子があり、妻としては居住している家と土地を自分のものとしておきたいということでした。厳密には子の遺留分が残りますが、事実上その可能性が少ないとおもわれます。言わば、妻の自己防衛策の一つとしての贈与であったわけです。若干の贈与税はかかりますが、土地と家を2年度に分けて贈与する等の方法もとれます。

QRコード

右のQRコードを読み取って携帯サイトにアクセス!

対応エリアのイメージ

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834
三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら