HOME > 財産を遺す方 > 生前贈与

生前贈与

生前贈与

生前贈与のイメージ

生前贈与とは言葉の通り、被相続人が亡くなる前に前もって自身の財産を人に分け与えてしまう行為を指します。この方法は、自分の財産を亡くなる前に贈与する事によって将来負担する税金(相続税)を少しでも押さえようと相続税対策として利用されている制度になります。

生前贈与を利用する注意点として、自身の財産状況にきちんと目を向け、理解し、うまく活用していかなければ逆に高い税金が加算されてしまう場合があります。これは相続税に対する税率よりも、贈与税の方が高く定められているためです。

少しでも相続に対する税金を抑えたいのであれば、「被相続人が健康なうちに年間110万円の贈与であれば税金は負担されない」という基礎控除をうまく活用しつつ、長期的措置を行っていけば実際の相続時には有効に話を運ぶことが可能となるでしょう。

ただし、数十年間に渡って毎年定額の基礎控除額分(110万円)の生前贈与を繰り返していると、税務署から「取り決めておいた額を、単に分割して贈与しているだけである」とみなされ、贈与してきた全ての額が一括して贈与税の対象になる恐れがあります。

生前贈与のイメージ

そこで、税務署に目を付けられないためにも、贈与毎に契約書を作成したり、毎年の贈与金額を変えたりと(あえて基礎控除額を少し超える贈与で、少ない贈与税を納めるのも対処の一つ)工夫します。
※相続人が被相続人の死亡する前3年以内に生前贈与を受けていた場合、その生前贈与された財産についても課税財産の対象となります。
この制度は、相続や遺贈によって財産を得た者が対象となるため、それ以外の者には適用されません。

しかし、相続税には5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)という基礎控除やその他、いろいろな優遇措置があるため、かなりの資産家でもない限り、被相続人が亡くなったことで納める相続税は発生しないというのが現実です。
 
つまり、一般的なサラリーマンの家庭においては、生前贈与をすることが相続税の対策になるかどうかは定かではないということです。よって、相続税の対策として生前贈与を活用したいとお考えであれば、まずは被相続人の資産状況をしっかりと把握しておく必要があります。

QRコード

右のQRコードを読み取って携帯サイトにアクセス!

対応エリアのイメージ

三重県津市を中心に、松阪市・鈴鹿市・伊勢市・亀山市・四日市市・鳥羽市等をサポート。
また愛知県全域・岐阜県全域の東海エリアもサポートしています。

〒514-0834
三重県津市大倉12番13号

059-253-3466

受付時間
平日9:00~20:00 (土日祝可)

お問い合わせ 詳しくはこちら